プチ断食

プチ断食

食事のあと、

 

お腹がいいっぱいになると

 

眠くなる。。

 

という事は

 

よくあると思いますが、

 

何故眠くなるのか?

 

というと、

 

食べたものを

 

消化するために

 

胃の方へ血液や酸素が送られるためです。

 

消化するという事は体にも負担をかけているのです。

 

そしてそれは毎日毎日繰り返されるわけですね。

 

胃や腸の消化器官は休みもなくずっと働き続けているのです。

 

断食とはこの消化器官に休んでもらうことなのです。

 

断食して消化器官を休めると

 

毎日消化に使われていたエネルギーを有害物質の排出や細胞組織の再生に使うことができます。

 

一度このようにリセットすることによって胃や腸は元気になり、新陳代謝もよくなります。

 

突然、食べ物を口にせず休ませてしまうことは身体によくないような気もしますが、

 

休ませることによった食べ過ぎて大きくなってしまった内臓を

 

もともとの形、大きさに戻し、消化に使っていて力を治癒するために使い回復させるのです。

 

とはいっても全く食べ物を口にしないというのはとても大変なことなので、

 

プチ断食はとてもやりやすい方法だと思います。

 

新鮮、有機栽培の野菜た果物で作ったジュースだけを摂る方法や、

 

3日間ぐらいのプチ断食でも効果はあります。

 

食べ物を摂取する量を減らすことによって脂肪をエネルギーに変えます。

 

脂肪は体内でも一番毒素が溜まりやすいものですので、

 

脂肪を燃焼することによって毒素を排出することができます。

 

断食することによって体内に溜まった老廃物、毒素を排出する事ができるのです。

 

そして断食するとやはり心配なのがリバウンドですね。

 

断食で毒素を排出し、せっかく消化器官を整えたのに

 

またたくさん食べてしまってはなんにもなりませんね。

 

断食が終わったあとは急にもとの食生活に戻すのではなくて、

 

ヨーグルトなど流動食などから少しづつ普段の食生活に戻していってください。

 

それから大きな効果を得たいからといって長期間に渡っての無理な断食はしないようにしてください。

 

注意しなればならない点は

 

あくまでも健康な状態の時に行わなければならないという事、

 

体調が悪い時や妊娠中にやる事は避けてください。

 

内臓に持病や、不調がある人もまずは医師に相談してからにしてください。

 

本格的な断食とうのはちょっと難しく、知識もなくするのは身体のも負担がかかりますので、

 

気軽に始められるプチ断食からやってみてください。

 

まずは、朝食だけ断食したり、半日だけとか、水分を水だけにするとか、

 

食事を野菜や果物ジュースに変えるだけでも効果がありますので、

 

あまり負担をかけずに無理なくできる方法で実践してみてください。